技工職人集いし街 stripes

ダイヤモンドカッターハンマー・型板

marker 不規則な曲線カットを可能にする
職人の道具

九鏡で波形やハート形など不規則な形状をカットするのは、職人の手。職人技を支えるのが、ダイヤモンドカッターやガラスカッター、そしてハンマーと、手作りの型板です。

ダイヤモンドカッター
ハンマー・型板1

bullet 職人の手先の感覚だけが頼りです

九鏡には、機械では対応できない、独特な形の鏡・ガラス加工の注文が来ます。カットはダイヤモンドカッターやガラスカッターを使い、ペンで絵を描くようにして切っていきます。定規などは使いません。職人の手先の感覚だけが頼りです。

ダイヤモンドカッター
ハンマー・型板2

bullet 小さなハンマーでたたいて、くり抜く

時には、四角い鏡の真ん中を、円形にくり抜く注文があります。その時は、ダイヤモンドカッターで鏡の裏面に円の切れ込みを入れ、小さなハンマーでたたいて、くり抜いていきます。

ダイヤモンドカッター
ハンマー・型板3

bullet 形はさまざま。

円形と言っても、楕円形など形はさまざま。九鏡の職人はいろんな楕円形に対応できるように、コンパネで型となる板を何種類も作っています。型板があるので、だいたいの楕円なら対応できます。

九鏡では、どんな形のカットでも対応できるように、さまざまな道具を備えています。

ダイヤモンドカッター
ハンマー・型板4
ダイヤモンドカッター
ハンマー・型板5